Efforts for Health Management健康経営への
取り組み

メタルワングループでは社員一人ひとりの個の力を会社の競争力の源泉と考えています。各職場で社員の能力を最大限に発揮するためには、健康管理はとても重要なテーマです。このため、すべての社員が心身ともに健康でいきいきと活躍できる職場を目指して、健康経営に取り組んでいます。

健康経営宣言を制定

メタルワンは会社にとってもっとも重要な資産である社員が安心して働ける環境づくりを経営の重要課題として捉え、2020年10月1日に「健康経営宣言」を制定しました。
また、健康経営宣言と同時に人事部に「健康推進室」を設置し、健康管理や労務管理の法定基準を満たすことはもちろん、さらに充実した施策を実行していきます。

健康経営宣言

わが社は「地球市民」という企業理念の下、社員と企業が共に成長できる健康経営を目指します。全ての社員とその家族が心身ともに健康で、笑顔と活力に満ちた企業であり続けるために、快適な職場作りと健康増進施策の強化に継続して取り組むことを宣言します。

「健康経営優良法人」に認定

メタルワンは経済産業省と特定非営利活動法人・日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に5年連続で認定されています。
「健康経営優良法人」は、健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、とくに優秀な健康経営を実践している法人を顕彰するものです。
今後も新設した健康推進室を中心に、社員一人ひとりのヘルスリテラシー向上につながる施策を実施し、健康経営を推進していきます。

Efforts for Health Management健康推進施策の
実施

社員の未病・疾病予防策として、データ分析を基に各四半期毎に設定した健康推進テーマに沿った施策を実施しています。また、社員宛て通信等の定期的な情報提供を通じて、社員のヘルスリテラシーの向上を図っています。

2021年度実績

  • 第1四半期(4-6月)「体質改善」:生活習慣病予防、禁煙サポート等
  • 第2四半期(7-9月)「メンタルヘルスケア」:ストレスチェックの実施、睡眠セミナー実施
  • 第3四半期(10-12月)「運動習慣改善」:ウォーキングキャンペーン参加、運動系セミナー実施
  • 第4四半期(1-3月)「食生活改善」:食生活改善セミナー実施

Efforts for Health Management健康サポート体制
の強化

健康相談体制
東京本社・大阪支社・名古屋支社に担当者を配置するとともに、産業医や保健師、カウンセラー、精神科医も加え、社員の健康をサポートする体制を構築しています。
また、社員の心身のきめ細かい健康管理を目的に、定期的に産業医による健康相談を実施しています。産業医が社員の労働環境を理解して健康アドバイスに活かし、職場環境の充実を図るとともに、多数の社員が気軽に自分の健康状態を相談できる環境を整備することにより、健やかな心身で仕事に取り組める体制づくりに配慮しています。
ストレスチェック・プレゼンティズム測定
メタルワンではメンタルヘルス対策として、メンタル不調を未然に防ぐ1次予防、早期に発見し対処する2次予防、発症後の治療や職場復帰および再発防止を行う3次予防とそれぞれの段階で取り組みを行っています。
その中でもストレスチェックは自分自身のストレス状態に気づくきっかけとなり、また組織的な分析で職場環境の改善に繋がるため、2007年より年2回実施しています。また、精神科医の産業医やメンタルヘルスアドバイザー(臨床心理士)が定期的に社員の相談に応じています。
2021年度からはストレスセルフチェックと同時に社員の生産性を測るプレゼンティズム測定も実施。ストレス度と社員の生産性を複合的に組織分析し、職場環境の改善に活用しています。

21年度プレゼンティズム
測定結果と目標値

データ分析から課題や社員の傾向を捉え、様々な健康施策を実施するとともに、目標設定・評価等のPDCAを回すことで、社員のヘルスリテラシー向上・健康増進を目指しています。