MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > トピックス > Autumn 2013 No.42
トピックス - メタルワンの国内外の様々なニュース・情報をお伝えします。
スズキ・インドネシアからベストパートナー賞を受賞 Autumn 2013 No.42 掲載

商社では初の受賞

表彰を受ける水垣部長

メタルワンはこのほどスズキのインドネシア子会社であるスズキ・インドモービル・モーター社から「ベストパートナーアワード」を受賞しました。この賞は同社の取引先の中からコストダウンや生産効率化、競争力の向上などに寄与した会社に贈られるもので、通常は部品メーカーや鋼材サービスセンターなどに贈られる賞ですが、わが社は2012年下期の活動が評価され、商社としては初の受賞となりました。今年4月にジャカルタで行われた授賞式には自動車鋼材部の水垣憲正部長が出席し、記念品を受領しました。

スズキ・インドモービル・モーター社はインドネシアに2つの工場を持ち、二輪車・四輪車の生産を行っています。インドネシアの自動車生産台数は2012年に初めて100万台を突破するなど右肩上がりの成長を続けており、今後もメタルワングループ一丸となってスズキの生産拡大に貢献していく方針です。

(自動車鋼材部)

双日のインド・貨物鉄道プロジェクト向けにレールを受注 Autumn 2013 No.42 掲載

熱処理レール約15万3,000トン納入へ

 

メタルワンは、このほど双日が受注したインドの「デリー―ムンバイ間産業大動脈構想」の中心となる貨物専用鉄道プロジェクト(DFC西線)向けに鉄道用レール約15万3,000トンを納入することとなりました。このプロジェクトはデリーとムンバイ間の総延長約1,500キロのうちの約626キロの貨物専用鉄道を建設するもので、日本の円借款案件の契約規模としては約1,100億円と過去最大級です。

双日はインドの最大手ゼネコン兼総合エンジニアリング会社であるラーセン&トゥーブロ社と共同で、インド政府傘下のインド貨物専用鉄道公社からDFC西線の第1フェーズのパッケージ1&2を受注。インド北部のハリアナ州レワリと西部グジャラート州イクバルガー間を結ぶ約626キロの軌道敷設のほか、付帯する土木工事や駅舎、橋梁などの建設までを手がけ、軌道用にメタルワンは日本製の熱処理レールを納入します。工事は今年秋から始まり、2017年夏に完成予定です。

DFC西線プロジェクトは、総工費が約9,000億円とされ、数段階にわけて建設される計画となっています。第1フェーズのパッケージ3も間もなく入札が行われる予定で、双日の同プロジェクトの受注に向け、調達面でわが社も協力していきます。

(海外インフラ・エネルギー鋼材営業部)

 

移転価格課税に関するセミナーを開催 Autumn 2013 No.42 掲載

今年4月に「税務ガイドライン」を導入

セミナーの様子

 

取引や投資の際に税務コンプライアンスや税金コストの重要性を認識し、メタルワングループ全体の円滑な税務業務遂行と国際競争力の向上を目的に、今年4月に「税務ガイドライン」が導入されました。

こうした中、税務コンプライアンスの観点から社外の専門家を招き、移転価格文書(海外子会社との取引価格の妥当性等を示す文書)の作成作業を行うことになり、その準備段階として、コーポレート経理部では移転価格税制に関する社内セミナーを今年7月に本社・大会議室で開催しました。

近年、グローバル企業を取り巻く国際課税強化の動きは厳しさを増しており、各国で移転価格税制が導入され、その規制の執行強化がさらに進んでいます。また、日本でも税制の改正により、移転価格文書の作成が実質的に義務化されています。

移転価格課税に関するセミナーでは「移転価格課税制度の概要とその対応について」をテーマに、社外講師による移転価格税制の概要説明や文書作成についての今後のスケジュール、これから実施される取引概要のインタビューについての案内あり、文書化作業の本格的な開始を前に社員の理解を深めることができました。

(コーポレート経理部)

鉄のある町
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
Winter 2018 No.59
Autumn 2017 No.58
Summer 2017 No.57
Spring 2017 No.56
Winter 2017 No.55
Autumn 2016 No.54
Summer 2016 No.53
Winter 2016 No.51
Autumn 2015 No.50
Winter 2014-2015 No.47
Autumn 2014 No.46
Summer 2014 No.45
Spring 2014 No.44
Winter 2013-2014 No.43
Autumn 2013 No.42
Summer 2013 No.41
Spring 2013 No.40
Winter 2012-2013 No.39
Autumn 2012 No.38
Summer 2012 No.37
Winter 2011-2012 No.35
Autumn 2011 No.34
Summer 2011 No.33
Winter 2010-2011 No.31
Autumn 2010 No.30
Summer 2010 No.29
Winter 2009-2010 No.27
Autumn 2009 No.26
Summer 2009 No.25
Winter 2008-2009 No.23
Autumn 2008 No.22
Summer 2008 No.21
Winter 2007-2008 No.19
Autumn 2007 No.18
Summer 2007 No.17
Spring 2007 No.16
Winter 2006-2007 No.15
Autumn 2006 No.14
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.