MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > グループ会社紹介 > (株)玉造
グループ会社紹介-メタルワングループの国内事業投資会社を紹介します。
株式会社玉造 Value One Winter 2018 No.59より
ココが強み!ココが特色!
1.「小ロット」「多品種」「短納期」に対応
2.全国に6事業所を展開
3.アライアンス戦略を推進
厚物に対応するガス切断機

厚板の店売り溶断加工で国内最大手
厚板の店売り溶断加工で国内最大手の玉造。全国に6事業所を展開し、月間1万トンの加工能力を誇ります。同社は「小ロット」「多品種」「短納期」を武器に、他社のまねできないきめ細かな対応で、高い利益率を実現しています。

大阪で創業した同社は1990年代以降、福山、福岡、名古屋、四国など相次いで工場の新増設に着手。2008年には館林事業所を開設し、関東進出を果たすなど事業規模を拡大してきました。

翌日納品などの短納期を可能にしているのは豊富な母材在庫やCADを駆使した歩留まりの高い板取り技術、さらに業界一の保有台数を誇るガス・レーザー切断機などの設備群を活かした24時間操業といった独自のノウハウにあります。

棚橋浩司社長は「高収益企業と言われるが、納期をはじめお客様の要望にきっちり応えてきたことの積み重ね。その信用力が他社との差別化につながっている」と話します。

老朽化した工場の更新が当面の課題ですが、このほど福山事業所の再整備に着手。昨年買い取ったエムエム建材・旧福山支店の倉庫への移転計画を進めており、今年6月には加工能力がアップした、より機能性の高い工場に生まれ変わる予定です。今後は名古屋事業所などでも更新を進めていきます。

「これまでグリーンフィールドベースでの能力拡張、接地面積の拡大を志向してきたが、今後は同業他社との協業で業容拡大したい」と話す棚橋社長。将来的な需要の減少に備え、アライアンス戦略を推進していく考えです。後継者難や設備の老朽化などに悩む同業他社と連携し、玉造のノウハウや人材を注入することで、事業拡大につなげる方針です。

現場のノウハウや技術力で短納期などの強みを発揮してきた同社ですが、これをさらに進めるため、AIやIoTの導入にも積極的です。社内にプロジェクトチームを発足させ、作業の効率化や情報管理などに活用する計画です。さらに、2018年度から、成果報酬などを取り入れた新人事制度を導入予定。「人材こそがわが社の力の源泉」(棚橋社長)として、新卒採用や人材育成にも重点的に取り組む考えです。



鉄のある町
グループ会社紹介
2018年
玉造
2017年
ステンレスワン
ジャパンペール
エムエム建材
2016年
京葉ブランキング工業
メタルワンスチールセンター四国
メタルワンステンレス原料
2015年
有明スチールセンター
オビコ
朝日機材
交邦磨棒鋼センター
2014年
浜松鋼板加工
メタルワン鉄鋼製品販売
メタルワン・スチールサービス
メタルワンチューブラー
伊万里鉄鋼センター
西鋼
2013年
MOBY
メタルワン特殊鋼
エムオーテック
スズヤス
九州スチールセンター
サンロックオーヨド
2012年
葵商店
サステック
メタルワン鋼管
メタルワン菱和
玉造
2011年
東洋メタルサービス
京葉ブランキング工業
オビコ
2010年
函館スチールセンター
メタルワンオフィス
2009年
MOBY
三和鐵鋼
ワテックス北海道
カノークス
新星工業
エムオーテック
2008年
西鋼
新三光製線
交邦磨棒鋼センター
ジャパンペール
2007年
アラヤ特殊金属
メタルワンスチールセンター四国
朝日機材
伊万里鉄鋼センター
メタルワン・スチールサービス(旧アサミスチール)
ワテックス
サンロックオーヨド
2006年
水島メタルプロダクツ
九州スチールセンター
メタルワンステンレス原料(旧フジサステック)
小松川鋼機
テイモー
メタルワン・スチールサービス(旧スズフジ・スチールサービス)
玉造(旧大阪玉造鋼業)
メタルワン建材西日本
2005年
ステンレスワン
ガルバート・ジャパン
九州製鋼
スズヤス
浜松鋼板加工
メタルワン鉄鋼製品販売
メタルワンチューブラー
メタルワン建材
2004年
メタルワン菱和(旧菱和スチール)
有明スチールセンター
サステック
オトフジ
五十鈴グループ
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.