MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 山形
Value One Autumn 2012 No.38より
 

溶けた鉄が砂型に流し込まれる(ハラチュウ)

岩手の南部鉄器と並んで鉄瓶や茶釜などの伝統工芸品として長い歴史を誇る山形鋳物。その始まりは今から約950年前の平安時代中期にさかのぼる。みちのくで起こった反乱を治めるため、源頼義が山形を訪れた際、従軍した鋳物職人が市内を流れる馬見ヶ崎川まみがさきがわの砂が鋳物に適していると発見、この地に留まったと伝えられている。

時代は下って慶長年間(1596〜1615年)。初代山形藩主の最上義光もがみよしあきは城下町を整備し、鋳物師17人を集めた界隈を「銅町」と命名し、鋳物産地としての基礎を築いた。当時の山形は修験道で知られた出羽三山神社への参詣人で賑う門前町であり、土産物の仏具や日用品など鋳物製品の人気が高かったという。

銅町に移り住んだ鋳物師17人のうちの一人、菊地喜平治は現在も存続する鋳物工房・ 菊地保寿堂きくちほじゅどうの初代店主。約400年の歴史を誇る同社は今も鉄瓶や茶釜などの鋳物製品をつくり続けている。15代目の菊地規泰のりやす社長は「山形鋳物の特徴は薄くて軽いこと。薄くても保温性がある鋳物をつくるために砂型には最上川で採れる世界で最も細かい砂を使う」とこだわりの極意を語る。この菊地保寿堂が、山形出身でフェラーリのデザインなどを手がけた工業デザイナー、奥山清行氏と共同制作したティーポット「まゆ」。伝統的な山形鋳物の製造技術を守りつつ、現代のライフスタイルに合った斬新なデザインを取り入れた「まゆ」は欧米で人気が高く、納品まで数ヶ月待ちという。「400年前の技術だけでは生きていけない。常に新しいことに挑戦するのが先代からの言い伝え」と菊地社長。

終戦後、山形では物資不足に対応して、伝統的な工芸品に加え、織機や農機具などの部品となる機械鋳物も製造するようになった。とくにミシン産業の隆盛にともなってミシン鋳物の生産が急増した。さらに工作機械部品や自動車部品、電機部品などの様々な機械鋳物がつくられるようになり、現在では山形鋳物全体の約9割を占める。また、鋳鉄だけでなく、アルミや銅など幅広い鋳物製品を手がけるのも山形鋳物の特徴だ。

山形最大の鋳物メーカーであるハラチュウ。戦後、ミシン鋳物の製造で事業の礎を固め、現在はトラック向けの鋳物部品などに主軸を置いている。山形鋳物が得意とする薄肉化技術で自動車の軽量化へも対応してきた。主要取引先の大手トラックメーカーであるスウェーデンのボルボからもハラチュウの持つ高い技術力は評価されている。中でも難しいとされている鋳物とステンレス製部品を溶接したマニホールドは山形からボルボを通じて世界に出荷されている。「山形の鋳物産業もピーク時に比べると生産高は落ちている。しかし、当社は金型から試作品まで一貫生産できる体制を整え、海外の自動車メーカーにも供給できる競争力をつけてきた」(開発設計部の長谷川徹雄取締役)。

伝統工芸品から自動車部品まで、また日本だけでなく世界の様々なニーズに応えてきた山形鋳物。伝統の技術は今も革新を続けながら次世代に受け継がれている。

海外でも人気の高い菊地保寿堂のティーポット「まゆ」




今も残る菊地保寿堂の鋳物許可状(1604 年)




鋳物とステンレスを溶接したマニホールド(ハラチュウ)






【山形市産業歴史資料館】
山形市鋳物町10番地
TEL:023-643-6031
開館時間:午前10時〜午後5時
休館日:日曜日、祝日、第2・第4土曜日、年末年始
入場無料

■江戸時代から続く山形鋳物の中心地である「銅町」は設備の老朽化に加え、近隣に住宅なども増えてきたことから、各鋳物工場は1973年に山形市西部に集団移転し、「鋳物町」と名付けた。鋳物町に造成された山形鋳物工業団地は日本初の一業種専用の工業団地としても知られる。1981年には山形鋳物の歴史や伝統技法などをわかりやすく紹介する「山形市産業歴史資料館」を団地内に開設している。一方、銅町は今も鋳物工房の店舗が軒を連ね、地元の人や観光客などに伝統工芸品を販売している。銅町の街道沿いには大きな鉄瓶のモニュメントが設置されるなど「鋳物の町」の面影を現在に伝えている。

鉄のある町
2018年
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.