MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 佐野
Value One Spring 2015 No.48より
 

若林秀真氏の茶釜。荒々しい肌合いが天明鋳物の特徴


関東の三大師の一つ「佐野厄除け大師」で知られる栃木県佐野市。江戸時代まで「 天明 てんみょう (命)」と呼ばれたこの地は千年以上の歴史を持つ鋳物の町でもある。

天明鋳物の起源は平安時代にまでさかのぼる。 天慶 てんぎょう 年間(938〜947年)に 下野国 しもつけのくに の武将・ 藤原秀郷 ふじわらのひでさと が河内国(現在の大阪府東部)から連れてきた5人の 鋳物師 いもじ に武器をつくらせたのが始まりとされる。

その後、茶の湯釜や梵鐘、仏像、鰐口、灯籠などから鍋、釜といった日用品まで幅広い鋳物製品がつくられるようになった。とりわけ茶道の世界では「西の芦屋(福岡県芦屋町)、東の天命」と称されたほど天下にその名をとどろかせ、千利休も天明鋳物の茶釜を使ったという逸話も残る。

1846年創業の若林鋳造所。5代目当主の若林 秀真 ほつま 氏は奈良・東大寺の大仏釜の製作なども手がけた天明鋳物の第一人者。「現代に生きる私の茶釜と歴史的に有名な作品が同じ茶室で使われることもある。鋳物師冥利に尽きる」と時空を超えた邂逅に心躍らせる。

天明鋳物の特徴はそのごつごつとした肌の荒々しさにあるが、「硬い鉄でありながらも優しさや癒しを伝えたい」と話す若林氏。先代から伝わるその製造技術は昔も今もさほど変わらない。鉄を溶かし、砂と粘土で焼き固めた型に流し込む。この単純でいて奥の深い作業の中に「先人たちの魂を感じ、道具の一つひとつにも神秘的なものが宿っている」と若林氏は語る。現在、佐野市内で鋳物を手がける会社は10社にも満たなくなったが、伝統的な茶釜だけでなく、文鎮や風鈴、置物、ベーゴマなど様々な工芸品をつくり続けている。

鋳物師は、かつて朝廷から許状を与えられた者だけが従事できる特権的な職業だった。日本の鋳物師のルーツは12世紀の河内国にあると言われ、時代とともに職人も技術もここから全国に伝播していった。

鋳物師の歴史に詳しい信州大学の笹本正治副学長は、「鋳物師は仏像や梵鐘などをつくることから、神や仏に近い存在として崇められた。中でも力のある鋳物師は何十人もの職人を雇い、自ら船を持って物流まで手がけるなど今でいう商社のような役割を果たしていた」と話し、中世における鋳物ビジネスが一定の影響力を持っていたと指摘する。

佐野厄除け大師の境内にある重さ約1トンの梵鐘。地元天明の鋳物師らによって1658年につくられた。毎年、大晦日の夜には大勢の参拝客で賑わうが、除夜の鐘に鳴り響くその音色は悠久の時を経て、鋳物師たちの想いを今に伝えている。

佐野厄除け大師の梵鐘





工房で作業する若林氏。「伝統技術を後世に伝えるのが使命」と話す





佐野市内に残るレンガ造りの鋳造工場跡

【佐野市郷土博物館】
栃木県佐野市大橋町2047
TEL:0283-22-5111
開館時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日、祝日の翌日、毎月末日、年末年始(12/29〜1/3)
入場無料

■若林氏と従弟の若林洋一さんらが天明鋳物の伝統文化を後世に伝えるために立ち上げた「天命鋳物伝承保存会」。若林家に現存する約1,400点もの貴重な鋳造用具を保存するとともに、地域住民を対象にした後継者育成講座などの活動を続けている。こうした取り組みに対し、日本ユネスコ協会連盟は2013年12月、地域の文化や自然遺産を未来に伝える市民活動を支援する「プロジェクト未来遺産」に同保存会を登録した。「百年以上も前の道具一式がこれだけまとまって残っている例はない」(若林氏)として、これからも伝統文化の継承に力を注ぐつもりだ。また、佐野市郷土博物館には室町時代の茶釜や鰐口などが展示されており、佐野と天明鋳物の歴史を知ることができる。

鉄のある町
2018年
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.