MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 大阪
Value One Winter 2012-2013 No.39より
 


パチンコ玉は正しくは「遊技球」と呼ばれ、そのほとんどが大阪でつくられている。現在、日本には140億個以上のパチンコ玉が存在すると言われている。国家公安委員会により「直径11ミリ、重さ5.4〜5.7グラム」と厳格に規定されたパチンコ玉には、日本の鉄鋼技術の粋が詰まっている。

その一つが材料となる冷間圧造用炭素鋼線材(SWCH)。ボルトやナットにも使われる線材で、何万回となく釘にあたっては跳ね返るパチンコ玉の耐久性や反発力を実現している。熱処理も大きなキーテクノロジーだ。パチンコ玉の内部は三層構造になっている。焼き戻し(調質)によって中心部は柔らかく、それを覆う第二層は浸炭焼入れで硬化させ、表面にはクロムメッキを施し耐摩耗性や防錆性を高めている。表面は衝撃に強く、内部は衝撃を吸収して割れを防ぐため、釘にあたって跳ねるように踊るパチンコ玉独特の小気味よい動きを可能にしている。

パチンコ遊技場第一号は1930年(昭和5年)に名古屋市で誕生した。当時は鋼球ではなく、銅貨やメダルを弾く遊技機が主流だった。戦後になると、航空機やトラックなど軍需用に使われていた7/16インチ(11.11ミリ)のベアリング球が大量に流用され、それがパチンコ玉に使われるようになった。パチンコは戦後の復興景気に沸く日本人の庶民の娯楽として一大ブームを巻き起こした。

このブームによってパチンコ玉メーカーも乱立し、ピーク時には関西で約50社、全国で120社を超えた。しかし、その後、1952年(昭和27年)には焼入れ(熱処理加工)のパチンコ玉が、1965年(昭和40年)にはクロムメッキ処理のパチンコ玉が誕生するなど要求される品質が高まるにつれ、業界内での淘汰が進み、現在ではパチンコ玉メーカーの業界団体である遊技球製造協会の加盟会社は大阪府下の4社となった。

大阪府大東市にある光ナノテック。同社は国内のパチンコ玉の約70%のシェアを持つトップメーカー。線材の切断からプレス、焼入れ・焼戻し、研磨、刻印、メッキ、梱包までそのすべてを自社で一貫して手掛ける唯一のメーカーでもある。同社は1951年に旋盤技師だった創業者の當山敏雄氏がその金属加工技術を活かし、需要が急増していたパチンコ玉の製造に参入。以来、業界の発展とともに進化するパチンコ玉の品質向上に力を注いできた。

冷間圧造用炭素鋼線材は大手鉄鋼メーカーと共同開発した。パチンコ玉の品質を左右する安定した反発力や粘り強さは焼入れ・焼戻しの技術によって決定づけられる。「熱処理の温度や時間など長年の経験から培った独自のノウハウがあらゆる工程に息づいている」と製造業務部の篠井一憲氏は話す。

80年以上もの長い間、日本人の手軽な遊びとして親しまれてきたパチンコ。遊技機のスタイルは変化しても、直径11ミリの小さな玉に込められた技術や思いは今も変わらずに輝き続けている。


焼入れされるパチンコ玉。赤い糸を引きながら水に落ちる



クロムメッキライン



鉄鋼メーカーと共同開発した線材


パチンコ玉の断面図。三層になっているのがわかる


■パチンコ玉メーカーが大阪だけに存続している理由の一つとして、線材メーカーや伸線メーカーが関西地区に多いことが挙げられる。また、線材の三次加工製品であるボルトやナットは、金属加工の盛んな東大阪市が全国有数の生産地であるし、堺市は室町時代から続く打刃物の伝統的な産地として知られている。遊技球製造協会の理事長で光ナノテックの田中昭取締役は「焼入れやプレス、メッキなどパチンコ玉の製造に欠かせない技術の集積が昔から大阪にはあった。そのおかげで当社も技術を鍛えられ、市場からの信頼を得ることができた」と語る。大阪で培われた様々な鉄鋼技術の結晶がわずか5グラムの小さなパチンコ玉の中に宿っているのである。

鉄のある町
2018年
葛飾
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.