MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 長浜
Value One Summer 2007 No.17より
 


琵琶湖の北東部に位置する滋賀県長浜市。天正元年(1573年)、羽柴秀吉が最初の居城となる長浜城を築き、天下人への道を歩み始めた地である。以降、秀吉ゆかりの城下町として、この地では独特の文化が育まれていった。その一つが、毎年4月中旬に開かれる長浜曳山まつりである。京都の祇園祭、飛騨・高山の高山祭と並び、日本三大曳山祭りにも数えられるこの祭りは、絢爛豪華さが魅力だ。かつて濱縮緬(はまちりめん)や濱(はま)ビロードで財を成した近江商人たちは、その栄華を誇示するかのように贅を尽くし、競い合うようにして曳山を美しく飾った。それに用いられたのが錺金具(かざりかなぐ)である。錺金具とは、厚さ数ミリの金属の薄い板に唐草や花鳥などの模様を鏨(たがね)で彫り込む装飾である。この錺金具を曳山の正面を支える前柱に贅沢に施してあるのが長浜の曳山の特色である。  
曳山を彩る錺金具は、その技術の源流を長浜の鉄砲鍛冶にまで遡ることができる。室町時代に種子島に伝来した鉄砲は、二代将軍・足利義晴(よしはる)に献上され、その後、足利将軍の命により当時の長浜・国友村で製造が開始された。鉄砲鍛冶の技術はこの地に根付き、国友鉄砲鍛冶と呼ばれる大集団を形成し、一時、この地は火縄銃の一大生産地へと発展した。長浜の鉄砲の特長は、機能はもとより、その装飾の美しさにもあった。銃身に施された象嵌(ぞうがん)の装飾である。象嵌とは金属の素地を彫り、くぼめて、切り抜くなどの加工をし、そこに他の金属素材を嵌め込み、金属表面に模様を造り込む技術である。この鉄砲鍛冶たちの金工技術が、当時、豪華さを競い合っていた長浜の曳山の装いにさらなる色を添えていった。国友の鉄砲鍛冶たちは、長浜の町衆に招かれ、曳山の前柱の錺金具に象嵌の腕をふるった。国友鉄砲鍛冶の系譜を引く藍水堂一徳(らんすいどう いっとく)の作とされる昇龍の錺金具は、現在でも象嵌の技術による錺金具の傑作の一つとされている。藍水堂一徳は、この昇龍の象嵌を作り込むために、日々、姉川の河原で蛇のうねる姿を見つめ続け、その動きを研究し、制作から完成までにじつに13年もの歳月を費やしたという逸話が残されている。
長浜曳山まつりのメインイベント「子ども歌舞伎」


曳山の錺金具。髪の毛1本までが金属を嵌め込んだ象嵌で作られている。近江の名工・奥村菅次の作とされる


辻清氏の作品。手長エビのひげもあしも全て象嵌で作られている
現在、長浜では錺金具師・辻清氏(つじ きよし)が象嵌の技を磨き、曳山の保守や錺金具の修復を手がけている。金属板に花鳥風月の絵柄を描き、細かく切り抜き、そこに他の金属を嵌め込んでいく。金属板には銅や真鍮など様々な素材が用いられ、嵌め込まれる金属には、銅に金が3〜5%配合された赤銅(しゃくどう)や銀と銅の合金である「四分一(しぶいち)」などが用いられる。「1ミリ程度の幅で線状に金属を切り抜き、そこに細かく切り取った他の金属を嵌め込んでいく。金属をどう接触させて、どんな色や風合いを出すか……。絵柄、切り取り、発色の全てに細やかな心配りが必要です」(辻氏)。錺金具は繊細な技術で作られるのである。  

【国友鉄砲の里資料館】
滋賀県長浜市国友町534番地TEL:0749-62-1250
開館時間:9:00〜17:00
年中無休(年末年始除く)
入場料:大人 300 円、小・中学生 150 円


長浜で鉄砲の生産が始まったのは、鉄砲伝来からわずか1年後。長浜は日本の鉄砲の「ふるさと」といえる。国友鉄砲は命中率や堅牢さにおいて優れた性能を発揮し、室町、安土桃山、江戸前期にかけて、最盛期にはこの地に500人以上の鉄砲鍛冶がいたとされている。そんな長浜の鉄砲の世界を資料と実際の国友鉄砲の展示で体感できるのが「国友鉄砲の里資料館」。鉄砲の製造工程がわかるほか国友鉄砲の実物に触れることができるのが魅力だ。
鉄のある町
2018年
葛飾
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.