MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 桑名
Value One Summer 2009 No.25より
 


三重県北部に位置する桑名市。「桑名の焼きはまぐり」で有名なこの地は江戸時代から鋳物の町としても栄え、「東の川口、西の桑名」と呼ばれるほどの一大ブランドを確立してきた。徳川家康の重臣だった桑名藩主の本多忠勝が、1600年頃に鉄砲の製造を始めたのが桑名鋳物の起源とされる。江戸時代、鋳物職人は「鋳物師いものし」(「いもじ」ともいう)と呼ばれ、朝廷の許可がなければ開業や家業の継承を認められない特権的な地位にあった。桑名では辻内、広瀬の両家が「御鋳物師おんいものし」として、梵鐘ぼんしょうや農具、鍋などの製造に従事した。

桑名の鋳物が地場産業として大きく発展したのは、明治時代に入ってからである。原料の銑鉄やコークスが輸入され始め、工業製品の急速な普及とも相まって生産量が飛躍的に伸びた。現在も鍋・ガス器具などの日用品や土木建築資材、産業機械向けの様々な鋳物製品がつくられ、中でも下水道などに使われるマンホールカバー(鉄蓋てつぶた)の生産高は全国でも指折りだ。

桑名を代表する大手鋳物メーカーの中部コーポレーション。同社はマンホールカバーやグレーチング(溝蓋みぞぶた)などの建材製品からステーキ皿などの家庭用品まで幅広い鋳物製品を手がける。鋳物技術から派生したかき氷機では世界トップシェアを誇る。「鋳物は振動を吸収するので路上に設置するマンホールの蓋には最適です。どんな形にでもつくることができ、しかも低コストで多品種・小ロットに対応できるのが鋳物の優れた特長」と服部正行・桑名工場長。

ある程度機械化されたものの、鋳物の基本的製造工程は今も昔もほとんど変わらない。キューポラ(溶解炉)か電気炉で銑鉄とスクラップを溶解する。高温に溶けた熔湯ようとうを炉の出湯口から大きな「とりべ」に入れて運び、さらに小分けして、鋳型に注ぎ込む。しばらく放置して鉄が固まると、“ふるい”のような機械で砂をばらす。表面の細かい砂をショットブラストで落とし、最後は錆びないように塗装を行う。

見た目も昔と変わらぬマンホールカバーだが、市場のニーズに応じて時代とともに改良が加えられている。同社は表面に三角すいの突起を付け、雨の日でも滑りにくくした「ハイグリップマンホールカバー」を開発。自転車などの転倒事故防止に威力を発揮している。

自動車王国の愛知県に隣接しながらも、桑名の鋳物産業は自動車向けの部品生産をあまり手がけてこなかったため、生産量だけでみると現在、月間約3千トンと全国でも10位以下だ。しかし、その半数以上をマンホールカバーが占め、全国の市町村などへの供給を続けてきた。「ニッチだが、われわれの生活に欠かすことのできない市場」(中部コーポレーションの大熊憲行取締役)として、独自の存在感を示してきた。

マンホール以外にも、三重県鋳物工業協同組合の深津泰利・事務局長は「桑名の鋳物メーカーの中には、普通は鉛でできた釣り用のおもりを鋳物でつくってみたり、錆びない鋳物製のガス機器を開発したりと意欲的な会社が多い」と話す。伝統の技術は今なお発展を続けながら、確実に継承されている。



「ハイグリップマンホールカバ―」。雨の日でも滑りにくい特殊模様を採用した



マンホールの砂型。溶けた鋳鉄を丸い穴に流し込む



キューポラ。銑鉄やスクラップをお湯のように溶かす



桑名市のマンホールカバー。江戸時代から続く「桑名の千羽鶴」をデザインした


■マンホールは地下の下水道、通信・電気ケーブル、ガス管などを管理するための地上からの出入りの穴で、カバーもその目的に応じて形やサイズもまちまち。最も数の多い下水道用のマンホールカバーは全国に千百万個以上が設置されている。明治初期に日本で初めて設置されたマンホールカバーは木製だったらしいが、その後、1884年頃に東京・神田で“鋳鉄製格子形” のマンホールカバーが設置され、さらに大正にかけて欧州の例を参考に現在のような丸形の鋳物製のマンホールカバーが製造された。戦後は全国の市町村で独自の模様をあしらったマンホールカバーが採用され、バブル期には植物や動物をデザインした色付きのマンホールカバーも登場したが、最近では機能性を重視したものに落ち着きつつある。

鉄のある町
2018年
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.