MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 出雲
Value One Winter 2006-2007 No.15より
 

島根県奥出雲町。日本古来の製鉄法「たたら」を今に伝える町である。たたらとは、砂鉄から純度の高い鋼を作り出す日本独特の技術だ。古墳時代後期(六世紀頃)に確立したこの技術を、出雲に伝わる神話と結びつける向きも多い。スサノヲノミコトがヤマタノオロチを退治し、その尾から「草薙の剣」を取り出したという神話である。

 
ヤマタノオロチとはこの地の斐伊川を示し、「草薙の剣」は鋼の象徴……。古代より河川で採取した砂鉄から鋼を作ってきた。その技術が今も息づいている。
たたらは、江戸時代に入ると高殿と呼ばれる建屋の中に炉を作り大量の砂鉄と木炭で鋼類を生産する「高殿式たたら」へと発展した。出雲地方でもその技術は受け継がれ、1933年〜45年までの12年間、この地では軍刀を作るための「玉鋼」が製造された。その後、製鉄技術の変遷もあって技術が一時、途絶えかけ、国内では日本刀の玉鋼の不足が深刻となった。そこで、財団法人日本美術刀剣保存協会は77年に日立金属株式会社の協力のもと、国の選定保存技術としてたたらを復活させた。「日刀保たたら」である。毎年1月から2月下旬にかけて数回、操業されている。砂鉄から鋼類を量産する世界唯一のたたらである。

たたらの作業は、粘土による炉造りから始まる。炉は幅1.0×縦2.7×高さ1.2メートルほどの舟型で、炉壁は厚い部分で50センチ以上にもなる。この炉に木炭をつめて火を入れる。地鳴りのような音とともに巨大な鞴が動きだし、炉の両壁に取り付けられた20本ずつの木製の送風管から風が送り込まれる。たたらの操業の開始だ。送風開始から約2時間、砂鉄が溶ける温度になった頃、村下(たたらの技術責任者)の合図で砂鉄が入れられる。木炭と砂鉄は、30分ごとに交互に入れられ、それが三日三晩続けられる。三昼夜の操業を「一代」と呼び、その間、村下は一睡もせずにひたすら炎と闘う。立ち昇る炎の色を見つめ、「ほど穴」と呼ばれるのぞき穴から炉内の様子を確かめ、砂鉄が溶けてケラと呼ばれる鋼の塊へと成長していく「音」に耳を澄ます。村下の木原明氏は「火勢(ホセ、炎の色)を見て、砂鉄が『しじる(溶ける)音』を聞く。五感を研ぎすまし、木炭や砂鉄の投入量、鞴から送る風の量を微妙に調整していく」と語る。一代の操業で使われる木炭は約13トン、砂鉄は約10トンにもなる。砂鉄は木炭で還元され、溶けて炉床でケラに成長する。その際、炉壁を浸食し粘土に含まれる微量な成分との化学反応によってさらに純度の高い鋼へと生まれ変わる。たたらの炉は、砂鉄と木炭が投入される上部が「高炉」、下部が「転炉」の役割を果たしているのだ。
操業開始から約70時間。炉が打ち壊される。ヤマタノオロチの最期のあがきか、炉壁が崩れるたびに火の粉が舞い上がり、赤黒くくすぶる約3トンのケラが姿を現す。土と砂、炎から「鉄」が生まれた瞬間だ。

日刀保たたらの高殿。この中に炉が作られ、たたらが操業される



真砂(まさ)と呼ばれるリンや硫黄などの不純物が少ない砂鉄が燃え続ける炉に入れられる



炭素量1.85%未満の鋼を玉鋼と呼び日本刀の製作に用いられる。約3トンのケラから取れる玉鋼は約2.3トンだ


【奥出雲たたらと刀剣館】
島根県仁多郡奥出雲町横田 1380-1
TEL:0854-52-2770
開館時間 :10:00〜17:00
休館日 :毎週月曜日、年末年始
入場料 :大人510円、小中学生250円


明治時代まで日本の鉄の8割を生産していたとされる中国地方。その地にあって、現在も砂鉄から鋼を量産しているのは奥出雲町の日刀保たたらだけ。そんな奥出雲町とたたらの歴史を紹介しているのが「奥出雲たたらと刀剣館」。たたら炉の原寸大の模型で砂鉄が鋼へと成長していく様子が解説されている。日本刀鍛錬の実演も見られる。なお、日刀保たたらの操業の見学・取材には特別な許可が必要。お問い合わせは財団法人日本美術刀剣保存協会(03-3379-1386)まで。

鉄のある町
2018年
葛飾
彦根
江東
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.