MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 鉄のある町 > 広島
Value One Winter 2012-2013 No.43より
 

手芸用の針は数百種にも及ぶ

手縫い針や待ち針、レース針などの手芸針の生産高で全国の9割以上のシェアを誇る広島。その歴史は約300年前の宝永年間(1704〜11年)にまでさかのぼる。長崎から伝わった製針技術を広島藩が下級武士の手内職として普及させたことに始まったとされる。江戸時代の日本の針の産地は京都、大阪、浜坂(兵庫)などが有名で、広島はまだマイナーな存在だった。転機が訪れたのは、第一次世界大戦が勃発した大正時代。ドイツ、イギリス、ベルギーなど欧州の主要な針生産国が戦争の影響で軒並み生産が激減し、海外から大量の縫い針の注文が舞い込んだ。いち早く機械化を進めていた広島の針メーカーは相次ぐ増産でこれに対応し、「東洋一の製針地」と呼ばれるまでに規模を拡大した。その後、1945年8月の広島への原爆投下により、市内の針工場は壊滅的な打撃を受けたものの、わずか2年後には多くの針メーカーが生産を再開。「広島針」は国内はもとより、海外でもその名を広く知らしめた。

広島針の最大手メーカーであるチューリップ。同社は戦後に創業した後発メーカーながら、高い製針技術に加え、早くから自社ブランドを立ち上げ海外市場に目を向けた戦略でシェアを伸ばしてきた。小学校の家庭科で使われる裁縫セットもそのほとんどが同社製である。広島県針工業協同組合の理事長も務めるチューリップの原田耕太郎社長は「ピークを過ぎた1970年代でも広島には約40社の針メーカーがあったが、中国メーカーなどとの厳しい競争の結果、今では10社にまで減ってしまった。しかし、世界で最も優れた品質を持つ広島針は国内だけでなく欧米、アジアなど世界中の手芸愛好家からも高く評価されている」とその技術の独自性を説く。

広島針の特徴は「糸通りのよい針穴」や「布通りのよい針先」、「折れにくく曲がりにくい胴体」など長時間の針仕事でも疲れにくい抜群の扱いやすさにある。鋼線から一本の針が完成するまで、その製造工程は約30点にも及び、時間にして実に2週間以上もかかる。鋼線を切断し、針先を削り、針穴をあけ、熱処理を加え、全体を研磨する。この一連の作業のいずれもが繊細であり、惜しみのない労力が注がれている。

中でも針の安全性を左右する折れにくく弾力性のある胴体は、熱処理の微妙な温度管理によってその品質が決定づけられる。さらに、小さな針の穴まで滑らかに磨き上げる工程に「ともずり」と呼ばれるものがあるが、これは約10万本の針を箱に入れ、研磨剤と潤滑油を混ぜて約100時間も昼夜なく揺らし続ける。こうすることで針同士が互いに擦れ合い、穴の中までもピカピカに研ぎ澄まされた美しい針に仕上がるのだ。まさに長い年月をかけて錬磨されてきたノウハウそのものである。

「トルコの街角では当社の針を使ってレース編みをしている女性をたくさん見かけますよ」と話す原田社長。一本の針づくりに込められた技術と思いは遠く海を越え、多くの人の心に通じているのである。

針先を砥石で研磨する



針づくりの生命線である熱処理の工程



約100 時間も箱の中で研磨し続ける


広島平和記念資料館に展示されている熱線で溶けた縫い針
(写真提供:広島平和記念資料館)

■広島湾に注ぐ太田川の上流約50キロの中国山地にある加計かけ地区(安芸太田町)。江戸時代、この地域は「加計隅屋鉄山」と呼ばれる砂鉄の産出地で、出雲と並ぶ中国地方における「たたら製鉄」の一大産地だった。ここでつくられた鉄は太田川を下って広島に運ばれ、針をはじめとする様々な鉄鋼製品の材料になったのである。一方、広島の針産業は1945年に投下された原子爆弾によりほぼ壊滅の憂き目にあった。当時、すでに広島針は全国トップレベルの生産規模を誇っていたが、設備や職人などその貴重な財産を一瞬で焼失した。広島平和記念資料館には、今も熱線で溶けた縫い針の束が展示されている。広島の針メーカーはそこから驚異的な復活を遂げ、再び世界有数の針産地へと返り咲いたのである。

鉄のある町
2018年
2017年
弘前
広島
大阪
室蘭
2016年
福山
三郷
松戸
熊本
2015年
南さつま
墨田
佐野
2014年
大阪
人吉
奥州
2013年
広島
東京
川崎
西之表
2012年
大阪
山形
船橋
三条
2011年
北九州
名古屋
越前
浜松
2010年
三木
伊豆の国
大阪
2009年
稲沢
神戸
桑名
長岡
2008年
香美
大田区
鴨川
広島
2007年
釜石
東大阪
長浜
土佐
2006年
出雲
姫路
2005年
熊野
川口
西脇
2004年
港区
坂城
盛岡
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.