MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 国内拠点の広場 > 新潟
国内拠点の広場
Value One Autumn 2009 より

ユーザーとメーカーの橋渡し役
新潟国体、秋に開催!
9月26日から10月6日の11日間、第64回国民体育大会となる「トキめき新潟国体」が「東北電力ビッグスワンスタジアム」や「HARD OFF ECOスタジアム新潟」などを会場として開催されました。新潟で行われる国体は今回で2回目。前回は、東京オリンピックが開催された年(昭和39年)に春季大会として開催されましたが、直後に新潟地震が発生したため、その後に予定されていた夏季大会が中止になりました。
復興した「活力ある新潟」の姿を示す今大会に向けて、2009年7月に30,000人が収容できる全面人工芝の新潟県立野球場、「HARD OFF ECOスタジアム新潟」を新設しました。各競技への選手強化も数年前から行われており、今大会に対する意気込みが感じられました。
今年7月に新設された「HARD OFF ECOスタジアム新潟」

鉄の地場産業が盛んな新潟

新潟県は、鉄との関わりが非常に強い地域です。地場産業では、燕三条地区の金属加工品が有名ですが、その歴史は古く江戸時代初期に農村の副業だった和釘の製造が始まりと言われています。
現在の燕地区を代表する産業の一つに洋食器があります。太平洋戦争が始まると、洋食器は製造禁止となりましたが、戦後まもなく日本に駐留していたアメリカ軍が洋食器を発注したことから燕地区の洋食器産業が復活。その後のステンレス洋食器の大量生産につながり、輸出型地場産業として発展を遂げました。また、需要の変化にも対応して様々な金属加工品も生産しています。
三条地区は刃物や工具類に強みがあり、一方、新潟、長岡地区は工作機械、産業機械メーカーが数多くあります。規模では東名阪には及びませんが、このような土地柄ですから多くの鉄鋼メーカーが新潟に支店を設けており、わが支店は特約店(ユーザー)とメーカーの橋渡し役を果たしています。扱い品種は薄板を筆頭に特殊鋼、厚板、ステンレス、線材であり、グループ会社のメタルワン建材新潟支店を含めると、鉄鋼製品の引き合いには全て応えられる体制となっています。また、メタルワングループ及び出資先であるメタルワン建材、ワテックス、エムオーテック、カノークスと協業を目的とした情報交換会も定期的に開催しています。

新潟の地酒
新潟といえば、「地酒」を連想される方も多いのではないでしょうか。新潟の地酒がおいしい理由には、良品の米や水などに由来しているのはもちろん、越後杜氏の伝統的な技も重要なポイントといえます。銘柄も「越乃寒梅」、 「久保田」、「八海山」など挙げればきりがありません。
今回紹介するのは、新潟県五泉市にある<金鵄盃きんしはい酒造の、その名も「越後杜氏大吟醸」です。フルーティーな味わいが特徴です。この銘柄は、「越乃寒梅」や「久保田」ほどの知名度はありませんが、毎年行われる全国新酒鑑評会では金賞を始め、数々の賞を受賞してきました。生産量が少ないため、鑑評会で受賞した年は入手が難しくなることもあります。 新潟の海と山の幸、そして「越後杜氏大吟醸」で一杯・・・・・、 至福のときを味わえることでしょう。



【株式会社メタルワン 新潟支店】
〒950-0087
新潟市東大通1-3-1 新潟帝石ビル4F
TEL:025-245-5261

越後杜氏大吟醸

 

鉄のある町
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
2010年
知多
姫路
富山
2009年
神戸
新潟
長崎
仙台
2008年
福岡
札幌
高松
広島
2007年
加古川
新潟
高松
富山
2006年
大分
浜松
水島
2005年
宇部
長崎
神戸
青森
静岡
札幌
新潟
高松
2004年
富山
福岡
大阪
広島
名古屋
仙台
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.