MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 国内拠点の広場 > 長崎
国内拠点の広場
Value One Summer 2009 より

造船の町を支えるサポーター
長崎の町を支える三菱重工・長崎造船所

「造船の町」と称されるように、長崎を代表する企業の一つが三菱重工業・長崎造船所です。長崎市民から「長船(ながせん)」の愛称で親しまれており、長崎鎔鉄所として1857年(安政4年)に操業を開始して以来、152年の歴史を誇りますので、長船勤務者はもちろん、何かしら同造船所とつながりのある長崎市民は少なくありません。
長崎支店は長船の門前に居を構え、国内取引がメインですが、グローバル調達のサポートもしており、今後ともベストパートナーとしてあり続けるべく、日々奮闘しています。

三菱重工業・長崎造船所の様子
海外からの注目も集める九州スチールセンター

三菱重工業/新日本製鐵とのJVである九州スチールセンター(KSC)の操業は1969年に遡り、1986年九州鋼板加工と長崎鉄鋼センターが合併して発足。隣接する三菱重工・長崎造船所向けに鋼材の仕分けや保管、ショットプライマー、造船用ブロック加工などの様々なサービスを提供しています。また、人脈の広い長船出身の法師山社長のもと、他ユーザーへの供給も行っています。KSCは、長崎支店が日々の営業活動を行うにあたりなくてはならない存在であり、共に、三菱重工・長崎造船所の日々のオペレーションを支えています。そんなKSCは国内のみならず、海外からも注目を集めています。

九州スチールセンターのブロック加工
各分野で活躍する三菱長崎機工

長崎支店のお客様に三菱長崎機工というメーカーがあります。船用ラダー、タービン、圧力容器など様々な製品を製造していますが、特に鍛造用リングローリングミルにおいては世界的に高いシェアをもち、直近では日本最大級の13,000トンプレスを製作中です。また、最近では大阪府立大学と、亜臨界水処理発生装置を共同研究・開発しています。これは焼却処分された有機性廃棄物(主に汚泥)を亜臨界状態(※)にてバイオガス化するとともに、汚泥の量を5分の1まで減らし、また、そのバイオガスを熱エネルギーとして使用するという、まさに循環形のプラントです。今後とも各分野での三菱長崎機工に注目です!
※亜臨界状態……水は温度374℃、圧力22Mpaを超えると液体と気体の境がなくなるが、亜臨界はそれよりもやや温度と圧力が低い状態をいう。

美味な長崎名物に舌鼓

長崎といえばチャンポン、皿うどん、カステラが有名ですが、他にも新鮮な刺身やトルコライス(豚カツ、ピラフ、スパゲッティ、サラダが一つの皿に)など、一度食べていただければ舌鼓を打つこと間違いなしの食べ物がたくさんあります。

【株式会社メタルワン 長崎支店】
〒850-0033
長崎県長崎市万才町6-38 明治安田生命長崎ビル6F
TEL:095-829-2160
長崎名物、トルコライス

鉄のある町
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
2010年
知多
姫路
富山
2009年
神戸
新潟
長崎
仙台
2008年
福岡
札幌
高松
広島
2007年
加古川
新潟
高松
富山
2006年
大分
浜松
水島
2005年
宇部
長崎
神戸
青森
静岡
札幌
新潟
高松
2004年
富山
福岡
大阪
広島
名古屋
仙台
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.