MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > 国内拠点の広場 >神戸
国内拠点の広場
Value One Winter 2009-2010 No.27より

重厚長大産業で発展した神戸
三菱重工業・神戸造船所
三菱重工業は、重厚長大産業の発展における象徴とも言える代表的な企業です。その神戸造船所は明治38年(1905年)の創業以来、船舶用・海洋機器や原子力・原動機、鉄構製品、文化・レジャー施設等の様々な産業分野に向けて優れた製品を数多く送り出してきた主要事業所です。
中でも、本工場で建造される新造船や二見工場を中心に製造される原子力発電プラント製品は主力商品であり、当店は多岐にわたる鋼材を同所向けに納入しています。
キャタピラージャパン・明石事業所

1987年に三菱重工業・明石製作所の油圧ショベル事業が「キャタピラー三菱」に統合されて「新キャタピラー三菱・明石事業所」となり、さらに2008年8月に出資比率の変更に伴い現社名となりました。
同所は、国産初の油圧ショベル「Y35」の生産を手掛け、現在ではキャタピラー社が販売する全機種の油圧ショベルを生産できるほどの主力工場となりました。また、キャタピラー社の米国以外で唯一の開発拠点として油圧ショベルの開発本部が設置され、「CAT」ブランドの油圧ショベル開発を担っています。
当店は、足回り製品「履帯(キャタピラー)」を始めとする様々な鋼材を調達・納入しています。

三菱重工業内に現存する幕末の神戸史跡
1864年に建設された「和田岬砲台」は、当店のメインユーザーである三菱重工業・神戸造船所構内にあります。幕末外国艦船の来襲から大阪湾沿岸を防備するため、勝海舟の建策により和田岬の突端に築造されました。高さ約11.5m、直径約15mの円筒形で、外部は御影石、内部は木造2階建てとなっています。
また、勝海舟は海軍の仕官育成の機関として1863年に「神戸海軍操練所」を設立し、幕臣たちに繰錬を学ばせ、塾頭に坂本竜馬を就任させました。  これらの史跡を訪ね、幕末藩士のロマンを感じてみてはいかがでしょうか。


【株式会社メタルワン 神戸支店】
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3番地 NOF海岸ビル14F
TEL:078-334-0310

和田岬砲台

海軍繰練所跡碑

 

鉄のある町
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
2010年
知多
姫路
富山
2009年
神戸
新潟
長崎
仙台
2008年
福岡
札幌
高松
広島
2007年
加古川
新潟
高松
富山
2006年
大分
浜松
水島
2005年
宇部
長崎
神戸
青森
静岡
札幌
新潟
高松
2004年
富山
福岡
大阪
広島
名古屋
仙台
ワールド・リンク
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.