MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
Value One グループ広報誌
HOME > Value One グループ広報誌 > ワールド・リンク > ドバイ
Value One Autumn 2006 No.14より
Dubai Representative Office
驚愕の建設ラッシュ! これぞ金持ちの国・ドバイ

ドバイは現在リゾート関連を含めて建設ラッシュ。世界のクレーンの1/4がここドバイに集中しているとの新聞報道もあるほどです。たとえば、昨年末にオープンしたスキー場「ドバイ・スキー」は、約2万2,500平方メートルの広さもある大きな人工スキー場。雪自体が珍しいのか、ドバイだけでなく周辺国の人々もこぞって集まり、連日盛況中です。
また、それに味をしめたのか、砂漠の真ん中に野球場のような大きな規模のスノードームを作り、雪の世界を再現してリゾート都市・ドバイをさらに楽しむとのプロジェクトも動き出しています。この他にも海洋人工島リゾート「ザ・パーム」、「ザ・ワールド」に代表される信じられない規模のリゾート構想が動き出している、これぞ金持ちの国・ドバイです。

「ドバイ・スキー」。アラブの人にとってスキーが身近に

ベッカムやハリウッドの有名人が購入して話題となった人工リゾート島「ザ・パーム」
ドバイ国際空港もスゴイです
ドバイ国際空港は、初めて着いた人にとっては「ここが本当に中東の国なのか」と疑いたくなるほど、欧米の空港と同様に大きく綺麗な近代的な空港です。荷物検査は基本的に緩やかであるものの、そこは中東。たまに抜き打ちに荷物検査等で中身を調べられることもあります。
細かいことを聞かれてもかばんの中身を色々と調べられても何もやましいものがなければ、つい強気に出るのが人の常。あの日もそうでした。強気の態度が気に食わないとの理由でパスポートを取り上げられ一人別室へ軟禁状態。約10分後(えらく長く感じた10分だった)、見るからに位の高そうな役人が入ってきて無言でパスポートを返却され、無事釈放。ここは中東イスラム圏であり我々の常識ではとうてい理解できないことが起こりうる世界であることを決して忘れてはなりません。
ドバイ国際空港の到着ターミナル
Holy-Monthラマダン

急速に近代化が進むドバイでは、サウジアラビアなどの他の中東諸国とは様相が違い、コーランの音や巷でお祈りをしている姿をあまり見かけません。とはいえ、さすがにラマダン断食期間中(今年は9月の最終週から約1ヶ月間の予定)はその様相が一変。イスラム教徒の人は日の出前から日没までは水もタバコも何も口にすることはできません。当然街の飲食店は日中休業。唯一ホテルのレストランだけがイスラム教徒以外の人のためにカーテンやつい立て等で仕切られた場所に限定して食事が許されます。
しかし、いったん太陽が沈むと至る所でコーランが流れ出し、皆こぞって食事を開始。高級住宅街では大きなテントが自宅前や角に張られ、誰でもそのテント内で食事をすることができます。
つまりイスラムの教えでは、ラマダンはHoly-Monthであり、金持ちが貧しい人たちに食事を分け与えるというイスラムの教えからくる光景なのです。断食には関係ない我々ではありますが、レストランが閉まっていることもありランチを食べ損なう場合が多々あります。にもかかわらず、筆者もイスラム教徒同様なかなかダイエットには成功できません。

広大な砂漠の世界もドバイの魅力

当地での贅沢なひとときといえば砂漠を満喫できること。砂漠の砂は粉雪のように舞いますが、その中をランドクルーザーで走り回る観光ツアーもあります。ラクダに揺られ夕陽を眺めながらお酒や水タバコを楽しんだり、砂漠の中のレストランでベリーダンスを鑑賞しながら中東料理に舌鼓みを打つ。日頃の喧騒から離れ、別世界に飛び込んだ体験ができるのもドバイの魅力です。
そして、最後に一言。とかく紛争が多い中東。パレスチナとイスラエル。アラブとペルシャ。レバノンとシリアなど。その土地や人々に触れることでそれら紛争要因の複雑さがよく見えてきます。しかし皆共通に平和を望んでいることに変わりありません。

4WDに乗って砂漠を滑走!
鉄のある町
グループ会社紹介
ニュース&トピックス
国内拠点の広場
ワールド・リンク
2018年
アメリカ
インドネシア
ベトナム
ブラジル
2017年
メキシコ
タイ
シンガポール
中国
2016年
ドイツ
メキシコ
アラブ首長国連邦
フィリピン
マレーシア
中国
2015年
台湾
ブラジル
ロンドン
メキシコ
2014年
インドネシア
インド
香港
カナダ
シカゴ
メキシコ
2013年
ドバイ
天津
サンパウロ
インドネシア
北京
デュイスブルグ
2012年
バンコク
シカゴ
マニラ
シンガポール
インドネシア
インド
2011年
デュッセルドルフ
Shenzhen
タイ
シンガポール
ハンガリー
台湾(台北)
2010年
香港
メキシコ
アメリカ
ロンドン
マレーシア
上海
2009年
インドネシア
ドバイ
杭州
ベトナム(ハノイ)
テキサス
インド
シンガポール
カナダ
2008年
上海
ブラジル
シカゴ
クアラルンプール
メキシコ
台湾
バンコク
シカゴ
2007年
モスクワ
ジャカルタ
ロンドン
バンコク
広州
オランダ
香港
ベトナム
2006年
シンガポール
カナダ
バングラデシュ
ドバイ
マニラ
インド
クアラルンプール
北京
2005年
ジャカルタ
台湾
サンパウロ
ロンドン
モスクワ
シカゴ
ベトナム
香港
2004年
デュッセルドルフ
バンコク
UAE
シンガポール
メキシコ
上海
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.