MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
ニュースリリース
2011年11月7日
 
2011年度上期 連結決算について
 

株式会社メタルワン(本社:東京都港区、社長:松岡 直人)は、2011年度上期(2011年4月‐9月)の連結決算を取り纏めましたので、お知らせ致します。

2011年度上期連結決算の概要
 
【概況】
 

2011年度上期(4月‐9月)の鉄鋼業界を取り巻く環境は、欧州での財政・金融システムの不安や歴史的な円高水準、東日本大震災の影響による自動車のサプライチェーンの混乱、建設需要の減退など、不安定な状況に見舞われました。このような厳しい事業環境を受け、当上期においては、国内建設関連取引も低調で、サプライチェーンの回復に伴う自動車生産水準は回復傾向にあるものの、自動車関連取引並びに円高を受けた輸出取引は、前年を下回る結果となりました。
この事業環境下、2011年度上期の連結売上高/売上総利益/営業利益/経常利益は前年同期を下回り、純利益は前年同期を41億円下回る72億円となりました。

   
【連結損益計算書/主要項目】
  2011年度上期(4月‐9月)の連結損益の主要項目は、前年同期に比べ売上高は74億円(0.6%)下回る1兆2,234億円、売上総利益は39億円(6.7%)下回る545億円、営業利益は45億円 (26.0%)下回る129億円、経常利益は61億円(30.3%)下回る139億円となりました。
税金費用▲50億円等を差し引いた後の当期純利益は、前年同期を41億円(36.6%)下回る72億円となりました。
 
(単位:百万円)
項目 2011年度上期
(4月-9月)
【ご参考】
2010年度上期
売上高
1,223,427
1,230,812
売上総利益
54,511
58,438
営業利益
 12,873
17,387
経常利益
13,937
20,004
中間(当期)純利益
7,163
11,298
 
   
【連結貸借対照表/主要項目】
 

2011年度上期末の連結総資産は、前連結会計年度末に比べ投資有価証券や取引債権の減少により209億円減の1兆243億円、連結有利子負債は76億円増の3,429億円となりました。少数株主持分を除く純資産は、有価証券評価差額金や為替換算調整勘定の減少により、前連結会計年度末比172億円減の2,508億円となりました。

   
   
2011年度通期の連結業績見通し
   
 

2011年度下期の需要環境は、欧州債務危機を背景とする米欧経済の不振、インフレ対策の金利引き上げや米欧向け輸出鈍化による新興国経済の減速懸念に、タイの洪水が加わり、アジアにおける鉄鋼供給能力過剰、円高等と相俟って、輸出環境の悪化が懸念され、内需も、復旧・復興需要で公共投資は増えるものの、楽観を許さない状況にあります。 この様な最新の状況に鑑み、弊社の2011年度の連結純利益見通しは、現状では200億円を超える見通しですが、第三次中期経営計画で目標とした260億円に近づけるべく努力していきます。

   
  以上
ニュースリリース
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.