MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
ニュースリリース
2011年9月1日
    
「India Metal One Steel Plate Processing Private Limited」設立
 

株式会社メタルワン(本社:東京都港区、社長:松岡直人)と京葉ブランキング工業株式会社(本社:千葉県市原市、社長:佐藤宣之)は、合弁にて、インドのアンドラ・プラデッシュ州タダ市近郊のスリシティ工業団地(チェンナイから北に約70km)内に、厚板の熔断・加工製品の製造会社、「India Metal One Steel Plate Processing Private Limited」を2011年4月に設立し、9月1日より建屋の着工に入った。2012年8月より本格操業を開始する予定。

メタルワンと京葉ブランキング工業は、現在合弁で中国に「杭州美達王鋼鉄制品加工有限公司」、「蘇州美達王鋼鉄制品有限公司」という厚板加工拠点を2つ持っているが、インドでの厚板加工展開は初となる。
総投資額は17.5億ルピー(約32億円)を予定し、資本金は12.27億ルピー(約22億円)で、出資比率はメタルワン60%、京葉ブランキング工業40%。Managing Director (代表取締役社長)には満井威嗣(メタルワンより派遣)、副社長には佐藤義明(京葉ブランキング工業より派遣)が就任する。 立ち上がり時の製品加工能力は月産2,000tで、主にキャタピラー社を始めとする建機ユーザー向けに熔断品から、二次加工品、製罐品までを供給する。

インドでは、第12次5カ年計画(2012年〜16年)でインフラ整備に約1兆ドル投資する事が計画されるなど、今後資源開発、インフラ整備、エネルギー関連向けの厚板需要の加速度的な拡大が見込まれる。 斯かる環境下、新会社は、メタルワングループがこれまで日本・中国で培ってきた厚板の熔断・加工・製罐の経験・ノウハウを横展開して、伸びゆくインド国内需要の捕捉を目指す。

■ 新会社の概要
1. 会社名 India Metal One Steel Plate Processing Private Limited
2. 住所 4300 Spine South Sricity DTZ Andhra Pradesh, India
3. 代表者 Managing Director 満井 威嗣(メタルワンより派遣)
4. 資本金 12.27億ルピー
5. 出資構成 メタルワン 60%、京葉ブランキング工業 40%
6. 会社設立 2011年4月20日
7. 操業開始 2012年8月予定
8.

従業員数

200名
9. 事業内容 建設機械向け鋼板の加工及び加工製品の販売
10. 主要設備 NC切断機(ガス、レーザー、プラズマ)
二次加工設備(開先機、ベンダー機械、マシニングセンター等)、溶接ライン
11. 加工能力 月間2,000t(2012年度製品ベース)
   
  以上
ニュースリリース
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.