MetalOneつくると、つかうの、真ん中に。 株式会社メタルワン
  →HOME     →ENGLISH     →CHINESE     →サイトマップ  
ニュースリリース
2006年10月16日
    
ガス輸送用電縫管の大型プロジェクト受注
− 豪州向けAPI-X70 −
 

JFEスチール株式会社(東京都千代田区内幸町2-2-3 代表取締役社長 馬田 一)と株式会社メタルワン(東京都港区芝3-23-1 代表取締役社長 金田守司)はオーストラリアにおけるDampier to Bunbury Pipeline Expansion Project(注1)の鋼管を全量受注いたしました。26インチ外径の電縫管ラインパイプ(API-X70)約82,000MTです(62,000t受注確定、20,000tの増量オプション有り)。2006年10−12月期より納入を開始致します。
事業主体であるDBNGP (WA) Nominees Pty Ltd社 は、いずれも豪州の、アリンタ社(20%)、アルコア社(20%)、デュエット社(60%)による合弁会社で、西オーストラリア州北部のダンピアから同州南部のバンバリーを結ぶ全長1600kmのパイプラインを保有しています。現在同社は、西オーストラリア内の旺盛なガス需要に対応するため、その拡張工事を進めています。今回JFEスチールとメタルワンが鋼管を受注した工区“Stage 5A”は全長約570kmの複線化(図1)を行う、総工費約7億豪州ドルの計画です。2005年にも両社は、2006年11月完成予定の“Stage 4”拡張計画用に30,000MTのラインパイプを納入しており、同Project向け合計で112,000MT全量(注2)を供給いたします。

JFEスチールとメタルワンはオーストラリアにおける一大プロジェクトであるDBNGP (WA) Nominees Pty Ltd社の拡張プロジェクトへのサポートを今後も続けて行く予定です。

(注1) DBNGP (WA) Nominees Pty Ltd社のガス輸送能力増強プロジェクト
DBNGP:Dampier Bunbury Natural Gas Pipelineの略。(WA):Western Australia州の略。
(注2) “Stage 1〜3”はラインパイプ敷設を伴わない、付帯設備の増強
 
(図1)“Stage 4”及び“Stage 5A”のMAP
   
  以上
ニュースリリース
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
→サイトのご利用について →個人情報の取り扱いについて
(C) Copyright Metal One Corporation. All rights reserved.